[開催レポート]「世界最高の経営書」の魅力を再認識!

2016年11月28日(月) 18:45 – 22:30
世界最高のバイオテク企業
【2時間でヘルスケアイノベーションを学ぶ】
Read For Action読書会
が開催されました。

ファシリテーターは山本伸さん。

この読書会は・・・
———-
今すぐイノベーションを起こしたい真剣な方、優先!

ヘルスケア・医療機器開発の必読書を、
仕事帰りの2時間で読破し、
高い志を持つ仲間もできる!

ス・ゴ・イ読書会を定期開催しています。

サイエンスと経営のバランスを
絶妙に保ちながら、急成長を遂げた
「世界最高のバイオテク企業」

を読み解き、医療機器・Medtechベンチャーの
成功法則を皆で見出しませんか?

———-

というもの。

そんな、ス・ゴ・イ読書会の様子、
ご参加の皆様の気づきや感想をシェアいただきました。

ーーーーーーーーーー

本当に素晴らしい書籍でした。
「バイオテク」という名前がついてしまっているので、
無関係だと思う人が殆どかと思います。
実は、誰もが読むべき「経営哲学」が詰まっていました。

本当に素晴らしい書籍でした。
実は・・・原題が「Science Lessons」となっています。

経営から「感情・人格・政治」を出来るだけ排除し、
科学的指標を用いて客観評価できるような仕組みであったり、
「人」を最重要視するために「8つの価値観」を
リクルーティング時からしつこく確認することで、
自身=アムジェン、
と言えるくらいの社員のコミットメントがある。

嫉妬義理人情派閥など、
まだまだ割り切れないことばかりがはびこる
日本の組織やチームには、
絶対に見習うべきポイントが満載です。

実は、日経BPの編集関係者の方にも
ご参加いただいたのですが、
改めて本書が素晴らしいのだということで、
当日の様子を記事にしてくださいました!
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/btomail/16/11/29/00151/?n_cid=nbpbto_mled_frd

Read For Actionがどんな読書会なのか、
分かりやすく説明して頂いておりますので、
ぜひお読みください。

【ご参加者の感想】

(なぜ参加しましたか?)
・どんどん産み出していく経営とは何かを知りたかった。
・新しい薬を生み出し続ける組織は何が他と違うのかを知りたかったです。

(どんな学びがありましたか?何をやってみますか?)
・日常の業務に科学的手法を取り入れます。
“アムジェンの価値観” 読みました。
コピーして机の前に貼っておこうと思います。

・自組織の価値観を見直しました。
付け加えると、本日会社概要の作成会議があり、
自然と自分たちが大事にしている価値観を反映させていました。

・再度「世界最高のバイオテク企業」のRFAをやってみました。
今後も興味ある本があったらRFAにチャレンジします。

(他の方にオススメするとしたら?)
・世界最高の経営哲学を知りたくありませんか?
・科学的手法を取り入れ 価値を創造するために、
そんな素敵な会社のお話を、一緒に本を読んで 共有しませんか?
・独力での読書もいいけど、他者の視点を入れると、
新しい発見があると思うから、一緒に行ってみない?