読書会で10倍の効果を出す3つのコツ

リードフォーアクションの木村祥子です。

リードフォーアクションだけでも
毎日のように読書会が
開催されています。

あなたが読書会へ
参加する目的はなんですか?

読書会はとっても楽しい場ですし
ファシリテーターによっても
色が違ったりします。

その色が違っても
あなた次第で、
読書会というのは
あなたの求める効果を
しっかりと得ることができます。
せっかくなら

 

いち参加者のあなたが
さらに主体的に参加し
仕事に、生活に
効果がでるような
体験の時間にしませんか?

今日は、せっかく参加した読書会

効果を10倍にする3つのコツを紹介します。
※10倍楽しむ方法ではありませんっ(#^^#)

1.読書会で読む本はファシリテーターや他の参加者のものを借りる
2.読書会のゴールや著者への質問はおもいっきり自分の課題を盛り込む
3.読書会で扱った書籍、3分くらいで要約できることを目指す

1つずつ説明しましょう。

[コツ1]読書会で読む本はファシリテーターや他の参加者のものを借りる

読書会では、
それぞれの課題解決のため
著者に対して質問をつくり
答えを探す読書をします。

いつも読んでいる本や
課題に関連する本でも
もちろんいいのですが…

  • 今まで自分が手にしたことがないジャンルの本
  • この本に答えがあるの?と疑問を感じちゃう本
  • 自分とは対極のキャラクターっぽい人が持参した本
  • かっこいいな!なんて感じているファシリテーターが持ってきた本

そんな本を
参加者やファシリテーターに
その本借りてもいいですか?
と聞いて、
OKだったらその本を
読んでみてください。

自分に無い新しい視点や
枠を超えた発想に
出会えるかもしれません。

何よりも
その本に答えがないかも…という
そんな想いの壁を壊せたら
あなたにとって
大きな経験と価値になるでしょう。

[コツ2]読書会のゴールや著者への質問はおもいっきり自分の課題を盛り込む

著者に質問を作る作業があります。
その質問、おもいっきり
自分の課題を盛り込んでみてください。

『今、会社で抱えている〇〇プロジェクトの
遅れを最速に取り戻すポイントを教えて!』
『大好きな彼女への告白
成功させるヒケツを知りたい!』
『夏にハワイ旅行するための
費用をどう調達したらいい?』

などなど、
コツ1と似ていますが
その本に答えがあるか
どうかにかかわらず
自分の課題を持ち込むのです。

本から情報収集することを越え
問題解決する手段にするのです。

すごい問題解決力が身につくでしょう。

[コツ3]読書会で扱った書籍、3分くらいで要約できることを目指す

コツ1と2、自分事の問題…
なんて感じで紹介していますが
せっかく手にした本
どんな本だったか
忘れちゃうのももったいないです。

せっかくなので
手にした本を3分くらいで
要約できることを目指してください。

その時に、よく陥るのが
その要約が正しいか間違っているか
と判断しちゃうこと。

あなたが感じた
その本の要約でいいのです。

誰にでもできる書評ではなく
あなたにしかできない
3分間の要約を目指してみてください。

その要約をSNSに紹介してみて!
いつもより反応がちがう…カモ(#^^#)

そして、読書会の終わり
ちょっぴり自信がついた
あなたがいたり
1ヶ月後、1年後
変化しているあながたいるかもしれません。