【英語を読むコツvol.02】洋書で一番最初に見るところとは?

リードフォーアクション 末吉大希です。
英語を読むコツの連載。2回目です。

【英語を読むコツvol.01】まず始めることとは?
【英語を読むコツvol.02】洋書で一番最初に見るところとは? ←ここ
【英語を読むコツvol.03】質問を作りましょう!
【英語を読むコツvol.04】読む場所を決める
【英語を読むコツvol.05】まずは一番最初を!
【英語を読むコツvol.06】終わりよければ、全てよし!?
【英語を読むコツvol.07】文章を軽快に進んでいく!
【英語を読むコツvol.08】行動すること

目的を決めたのなら、
実際に洋書を手にとってみましょう。

洋書を読み始めるときに、
一番最初に見ていただくところは・・・
「目次」です。

目次はその本を読み進めていくための
「地図」のようなもの。
あなたが「目的」を達成するために、
どこを読めばいいのかを確認しましょう。

また、目次には著者が内容を伝えるために、
選び抜かれた言葉が散りばめられています。
この時点でわからない英単語があったら、
意味を調べておきましょう。
その単語はもしかしたら、
その本の鍵となる言葉かもしれません。

そして、
目次を見終わったら、
パラパラとめくって
どのような流れで書かれているのか、
本の構成を確認します。

例えば、図が入って説明されているのか、
または、最後に ” まとめ ”
というセクションがあるかなどです。

すると、
その本の全体図がわかってきます。
ここまでくるとだいぶ洋書への
壁も低くなってきませんか?

次回もお楽しみに!