インドネシアの授業デザインに共感マップを♪

リードフォーアクション 木村祥子です。

インドネシアで活動する鈴木亮さん。
中学校教諭を6年間勤めたのち、
10代からの夢だったインドネシアへ。

現在は、
ベネッセの支援をうけて、
インドネシアの6カ所の教育コミニティで、
学校の先生の授業づくりの
お手伝いをしているそうです。
インドネシアでの読書会レポートを
紹介させていただきましたが、

インドネシアでもリードフォーアクションの読書会が開催されました♪

インドネシアの学校の先生たちの
授業デザインに共感マップを活用されているそうです。

▼共感マップとは、

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
でも紹介されていますが、
ビジュアルシンキングを扱う
XPLANEという会社が開発した
顧客インサイトを知るためのツールです。


こういった書籍に紹介をされている
ツールを活用して授業デザインをしているそうなのです。

インドネシアの授業づくり
のぞいてみたいですね。