顧客に恋する共感マップ

リードフォーアクション 木村祥子です。

2011年から開催している
ビジネスモデルジェネレーション読書会から
私なりに理解した
ビジネスモデルの描き方の紹介を
させていただいています。

1.あなたの想いが伝わる9つの空白
2.小さな力が大きなパワーとなる共振現象
3.顧客に恋する共感マップ  ←この記事はここ
4.あと一歩踏み出す勇気があったら…
5.あなたがあなたに共感する

今回は、その3回目。

顧客に恋する共感マップ

ビジネスモデルキャンバスは、
(1)顧客セグメント
から描いていきます。

それは、お客様がお金を払って
あなたの商品やサービスを買ってくれるからです。

「うぅ~ん、わかっちゃいるけど・・・」
(1)顧客セグメント→(2)価値提案
「お客様のニーズに答える価値って何?」
と考えると悩んでしまいませんか?

そんな時に活用できるのが共感マップなのです。
顧客を購入という行動に導くには、
顧客の心に気づくことが必要。
だから、悩むんですね。

これって、
相手の気持ちを知りたい・・・けど分からない・・・
恋する気持ちに似ているカモ。

共感マップとは?

顧客のプロフィールを
短時間で作成することができます。
ビジネスモデルを構築する上で、
複数でビジネスモデルを描く際など
メンバーの意識を集中させるのに役立つのが人物像です。

対象である顧客にメンバー全員の意識を
注中させることができるでしょう。


顧客が
(a)何をみているのか?
(b)何を聞いているのか?
(c)何を感じ、何を考えているか?
(d)どんなことを言い、どんな行動をしているか?

そして、顧客の
(e)痛みとは何か?
(f)得られるものは何か?
描き出していくのです。

顧客のニーズがわかったら
(2)価値提案
を埋めていきましょう。

≪参考ページ≫
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

の130ページをご覧ください。

共感マップを描く際のポイント

慣れるまでは、下記の順番で描いてみるといいでしょう。


1.対象となるお客様の環境面を整理しましょう。
(会社、家族、住んでいるところなど)
2.(a)~(d)の4つをまず描いてみる。
3.(e)と(f)を1と2から想像する。

つまり、
顧客の『属性』情報から
顧客の気持ちである『心理』
という順番で分析していきます。

ラブレターを書く時にも
相手の共感マップを
描いてみるのもいいかもしれませんネ。