知っているようで、実はあまり知らなかったまちのこと…

リードフォーアクション 木村祥子です。
今回は、この本を紹介。

タイトル通り
兵庫県明石市の本です。
明石は、
日本標準時子午線が通る時のまちであり
海があり…
大きな図書館も設立され
学ぶこと、文化もあるまちです。
2014年7月と9月の2回
『街ぐるみ読書会(まちヨミ)@明石』
というタイトルで、
明石にて読書会を
させていただきました。
総勢約100名の方に参加いただき
本をきっかけに
明石の街を考える場でした。



あかし本は、
明石市にある出版会社
ペンコム出版から刊行。
2014年6月~2015年6月まで
神戸新聞明石版に掲載された
連載企画から
書籍化されたものです。
まちヨミが開催された
タイミングと同時期に
連載が開始しているし、
ペンコム出版の代表取締役である
増田幸美さんも
このまちヨミ開催に
力を貸してくださったひとりでもあり、
実はリーディングファシリテーターでもあるのです!

あの時の
あの場所の
想いもつまっていたらいいな♪
 
あなたのまちでも読書会を
開催してみませんか?