素人の私が、街を動かす大規模イベンターとなる

リードフォーアクション 木村祥子です。
2014年、郡山で開催されたの
まちヨミに参加した 1人の女性のお話しです。
その女性には、こんな熱い思いがありました。
—-
2013年10月20日郡山市で開催された
まちぐるみ読書会『まちヨミ』、
それは奇跡的な場でした。

大人も子供も、ここに集まった90人の人たちが
たった1冊の本をきっかけに1つになった。

そして、笑顔になった。
わけもわからずに感動した。
自分自身もウズウズと行動したくてたまらなくなった。
どんな行動かって…
それは、私が住む栃木県でもまちヨミをやるってこと…。
でも、どうしていいかわからない。
イベントなんてやったこともない。
だから、仲間を集めた…
みんなの脳みそを貸してほしい…
もう一度、場がひとつになる
感動を味わい、奇跡を起こしたい。


こんな私ができるんだから、
10代、20代の若者はもちろん、
みんなにもできるでしょってことを言いたい。
気づいてもらいたい。

そして、このイベントは、私のように
参加した人が、何か行動してたくて
ウズウズしちゃうようなそんな場にしたい!

やる!それだけだ!
—-
そして、彼女はそれを実行しました!
(しかも2回もっ!)
彼女が企画した場は、
地域活性化につながるアイディアだけではなく
参加者の笑顔もいっぱいでした♪


彼女は、経営者でもありませんし、
イベント企画の専門家でもありません。
なぜ、彼女がここまでできたのでしょう…
彼女との初めての出会いは、
フォトリーディング集中講座でした。
彼女に対する応援の言葉は1つだけでした。
『フォトリーディングがあるでしょ』
そう、
フォトリーディングには
『できない』という言い訳が通用しない
のです。
なぜって、その答えはシンプルです。
新しい試みにチャレンジをしなければ、
新しい結果を出すことはできません。

そのためには、新しい姿勢で、
新しい行動をあなたができるかだけです。

フォトリーディングというスキルは、
彼女の人生を一転させてしまったのです。
フォトリーディングとは、
本を読むことが早くなるだけでなく
あなたの人生を加速することができるでしょう。

そんな偉業を達成したのは中村康子さん
今でも地域のための活動を継続しています。
あなたも読書会をきっかけに
一歩をふみだしてみませんか?