クレジットカードが生まれた理由

リードフォーアクション 木村祥子です。
新しいものは、
過去の知識や体験から
生み出されると思うのです。

過去から今にかけてあるものを
足し算したり、引き算したり
…掛け算したり
例えばね、
クレジットカードが生まれたのは、
ツケがきっかけだったそうです。
ある人が、
行きつけのレストランで食事をしたときは
ツケにしてもらい、
月末にまとめて支払う
ということをしていたそうです。
しかし、
行きつけでないレストランでは
それができない…
だから、
どこのレストランに行っても
ツケの支払いができたらいいのに…
という思いから生まれたんだそうです。
日常の中で
何気なく行っている
当たり前の行動に対して
ちょっとアンテナをはることって
大事だなって思います。
そのアンテナを張るための手段として
私がおすすめするのは、
フォトリーディングです。
フォトリーディングは、
速読として
とらえられがちですが、
ほんの少し違うような気がしています。
目的を持ち、
読書をするこの読書法は、
目的があることで
自然とアンテナがたち
本からだけではなく、
本を読むことが刺激となり
過去の知識や体験からも答えが見つかり
新しいアイディアが生み出されるのです。
フォトリーディングを学んだ人の
人生の加速するといわれる要因は、
こういう要素が含まれています。
さらには、
フォトリーディングで読んだ本の内容は
潜在意識の中に送り込まれるので
新しい課題がでたときに
必要な情報のストックにもなります。