フューチャーセッションとコラボして、改めて読書会の魅力を感じた!

リードフォーアクション 木村祥子です。

2017年2月5日
30代の働き方を創造する読書会を開催。


フューチャーセッションとの
コラボ読書会でした。
社会に変革を起こすための「場 」を創る
フューチャーセッション

個人の変容を促す「場 」を創る
リードフォーアクション
この2つのコミュニティのコラボです。

コラボをする上で大事なこと

あくまでも私見ですが、
イベントのゴール設定、
そして、
それぞれの魅力を明確にしたうえで
役割分担を明確にすることかな
…なんて感じました。

だから、改めて
リードフォーアクションの読書会の
魅力や効果を考えたワケです。

土台をつくる

フューチャーセッションの場に
リードフォーアクションの読書会を
入れることは、
まず、テーマとなる情報の
インプットができること
対話をするためには情報が必要です。

それを関連する本から
効果的に情報収集することができる。

さらには、
本をきっかけに対話をすることで
参加者の中にもともとあった
知識や経験も想起しやすくなる。
記憶のストックから
いろいろ引き出せるワケです。

つまり、読書会をすることで
フューチャーセッションの
土台となる情報が場に蓄積していきます。

 

個人の変化を感じることができる

社会に変革を起こすための「場 」を創る
フューチャーセッション
とはいえ、一人ひとりの力で
積みあがるもの。

リードフォーアクションの読書会は
個人の変容を促す「場 」を創る
ことができるので、
自分の成長や変化を感じることができるので
フューチャーセッションにおいて
自信をもって
発言できるんじゃないかなって感じました。

未来の社会に貢献する人を
輩出していく力があるのかもしれない…
読書会って…
すごいな…