なぜ、「あの人」には話が通じないのか?

リードフォーアクション 木村祥子です。
表参道にあるブックカフェにて
読書会を開催させていただきました。
開催した読書会はこちら
そして、課題本がこれ。
なぜ、「あの人」には話が通じないのか?

会社、友人や家族関係の中に、
ありそうな感じしませんか???
参加者それぞれに悩みをもっていたのですが、
その中のIさん(女性)は、
上司とのコミュニケーションになやんでいました。
話しかけても、私の目を見て答くれない。
どうコミュケーションをとっていいかわからない…。
この本から、その答えが上手く見つからず、
参加者全員で、答えをさがしてあげる
…なんてワークを実践しました。
そして、
答えを共有して雑談の中…
その上司が年下の女性だということがわかりました。
一同、唖然…
全員が、上司=男性
さらには、年配の方…だと思っていたのです。
===
Iさんは、上司が女性だということを
頭の中では、女性だってわかっているし、
情景としては描いているのですが、
言葉に出すという作業を削除した。
私も含め、他の参加者は、
上司とは、一般的には、
年上の男性でしょということで
勝手に年上男性と解釈をしていたのです。
===
日常のコミュニケーションには、
こんなことがよく起こります。
読書会という本をきっかけにした場があるから、
書籍以上に深い学びがあったりするわけです。
そんな体験ができる、
読書会にいらっしゃいませんか?