英語力アップの鍵は、私が先というスタンスを持つこと

リードフォーアクション 木村祥子です。
2017年3月30日
表参道にある
アニヴェルセル カフェ
にて開催した
月刊ブックカフェ。
月刊ブックカフェ2017年4月号のテーマは、
『自然と行動ができるようになるための計画力』
まずはお互いが持ってきた本を紹介。
参加者さんのおひとり…
最近、
英語の勉強しているとのこと。
素敵な著者さんに会い、
お話ししたいというのが目的。
すてき♪

そして…
「英語って、いつも私が先なんですよね…」
と。
例えば、
『彼女と映画を観た』
『昨日、飲み会に行った』
何気ない会話のときに
こんな表現をしませんか?
そして、これを英語で表現すると…
『I watch the movie with her.』
『I went to a drinking party yesterday.』
という感じで
必ず『I』が先。
英語は、
一緒に行った彼女でも
昨日の出来事でもなく
『私』
から始まるのです。
計画力についても、
ブックカフェで
本を読み、おしゃべりをしていたら
計画に『主体性』があるか…
それがカギと皆が気づいていきました。
気がつくまでの
言葉の山…

あなたの何気ないひと言から
読書という体験を通して
大きな気づき、発見へと
つながっていく。
これだから
みんなで本を読む場を
やめられないのです( *´艸`)