難しい本だって、すぅ~いすいっ!

リードフォーアクション 木村祥子です。
2017年9月24日
大阪にて朝活読書会を開催しました
朝の気軽な場のはずが
なぜか、参加者が持参してくださった本
哲学的な難しい本が並ぶ…
ちょっと重たくないっすか…笑。
そんな場で、
取り入れた読書法は
ワードジャングル。
ワードジャングルについての記事はこちらから。
ワードジャングルとは、
付箋紙で言葉のジャングルを
つくる読書法です。

本から気になるキーワードを拾い
それを付箋紙に描き、
それぞれが拾ったキーワードを
場に出していきます。
キーワードが山盛りになりますが、
集まった人たちが
紡ぎ出したキーワードたち
どの言葉を拾っても
気づきが山盛りです。
哲学書からのキーワードも
スルスルと
頭に入っていきます。
不思議~。
難しいと思った本も
読み方を変えるといいのかもね。