売上1位への道のりは、小さな一歩の積み重ね

リードフォーアクション 木村祥子です。

リーディングファシリテーターの小島健さんが
読書会をきっかけに、
人見知り、コミュニケーション下手を克服し、
社内での売上ナンバー1になったというお話しの続きです。
前回の記事はこちら
⇒ 人見知りだった僕が、売上1位に!

■仕事に向き合えのキツイひとこと…

読書会で活動をすることになってから
松岡克政(まつかつ)さんの企画塾に入塾したそうです。
そこで、今の現状や抱えている悩みなどを共有し
松岡克政さんから
「仕事に向き合え」
という一言をもらったそうです。

自分の心の中を見透かされたようで、グサっときたそうです。
けどね、私思うんですよ。
こういう言葉と出会ったときに、
実は逃げることは簡単。

…例えば、
「そんな…みんな僕のことわかってくれてないよー」
なんて人のせいにしてね。
小島さんは、この言葉、
ちゃんと受け止めたんですね。

理解してから、理解される。

そして、同時期にこの本とも出会ったそうです。

7つの習慣の
ジェームス事務所から販売されている
DVDセミナー教材を手にしたそうです。

読書会で少しずつアウトプットしている中で生まれた
小さな自信と
「仕事に向き合え」という師からの言葉は
彼を励みとなり
DVDセミナーの動画で学び
企画塾でも学び
読書会や企画塾の中で、
小さな実践を繰り返しました。

7つの習慣の第五の習慣
理解してから、理解される。
ジワジワとここの部分が奥深さに気づいたそうです。

相手の方を理解しようとした時、
本当に、それが出来ているか。
その時の態度はどのようにしているか。
聴き方はどうしているか。 姿勢はどうしているか。

そこを意識しただけでも、結果は大きかった!
と小島さんは言っています。
学びを着実に実践していったのですね。

■成功のカギはアクションを意識した学び方

さすが、リードフォーアクションのファシリテーターです。
アクションを意識した学び方をしているんだなー。
そして、小さなアクションを繰り返すことで
気が付いたら、大きなアクションにつながっているのです。

一足飛びに成功できればいいのですが、
そう簡単にはいきません。
小さな一歩の積み重ねが
売上ナンバー1の成果に
つながったんだなと感じました!