やだっ!こんな自分がいるなんて…

リードフォーアクション 木村祥子です。
ロバートギーガン博士の著書
『なぜ人と組織は変わられないのか』

400ページ以上ある書籍を読み解き、
本書に紹介されている免疫マップを体験する
3時間の読書会、
『なぜ人と組織は変われないのか』読書会&ワークショップ
2016年10月30日に開催しました。
—-
免疫とは、
体内に病原菌や毒素その他の異物が侵入しても、
それに抵抗して打ちかつ能力。
また、異物と反応する抗体を作って発病をおさえる抵抗力を持つこと。
転じて、物事がたび重なるにつれて慣れてしまうこと。
—-
つまり、自分にとって都合の悪いものを排除する力。
その免疫機能は、体だけでなく
心にも作用すると言っているのはこの本です。
これが、良い心の状態を守るために
働いてくれればいいのですが…
人の心は裏腹…
隠された自分の想いに免疫機能が作用し、
行動を阻むケースがあるのです。

その隠された自分の想いを探すため本を読みワークをすると…
やだっ!そんな自分がいたの!
思わず、両手で顔を覆いたくなるシーンがっ!

自分のことは自分でわかっているつもりですが、
実は隠された自分がいるということを証明された瞬間でした。
いやーーーー人間って奥深いし、心の免疫とは恐ろしや…
隠された自分との出会いを恐怖と感じるか、
新しい出会いとして歓迎するか…は、
それに挑戦してくれた今回の参加者13名…
それぞれの判断にお任せしたいと思います(笑)


 
[s_ad]