すぐに使える!!悩める上司のストレス解消のヒントとは?

リーディング・ファシリテーターの山崎ジョー吉です。

8月のお盆休みなど、長期休暇があると
キャリア相談が増える傾向があります。
今までは上司との人間関係が原因による
転職相談が大半でした。

ところが、最近は上司からの相談が増えています。
働き方改革による残業削減のしわ寄せなど、
チームを牽引する上司がストレスを抱えてしまっては、
組織全体のパフォーマンスの低下に繋がりかねません。

そんな悩める上司のストレス解消の
ヒントを得たくて手にしたのがこの本です。

「頑張れ」と応援すれば、
歯を食いしばってクリアしてくれた部下が、
今では、「つべこべ言わずにやれ!」
というと「パワハラだ!」と返される時代。

1万人以上のビジネスマンのストレスと向き合ってきた
産業医である著者が教える、
職場でのストレスを解消するために
必要なコミュニケーションのコツや、
「使えない部下を抱えている」と嘆く上司が
部下のやる気を引き出すためのヒントを
この本から得ることができます。

1 「3タイプのストレス反応」を知っておく

同じ職場で同じ仕事をしているのに、
ストレス症状を起こす人と起こさない人がいます。

その違いは、ストレスの「原因」と
ストレスの「症状」との間にある
ストレスへの「反応」です。
免疫力のようなものでしょうか。

ストレスがかかっても、個人の認識や心がけ次第で、
単なる反応で終わる場合もあれば、
ストレスに感じ症状を引き起こしてしまう場合があります。

ストレスとして反応することを「反応性ストレス」といい、
3つのタイプがあります。
・頑張るストレス
・我慢のストレス
・ガス欠ストレス

いずれも心の免疫力のようなものが
高いうちは良いのですが、
ある程度蓄積されると、
ある日、反応性ストレスに変化してしまいます。

自分だけで溜め込まず、同僚や友人、家族など、
周囲のサポーターに相談するようにしましょう。

2 重要な言葉「ちょっといいですか」

メンタルヘルス不調者を出さない上司に共通しているのが、
相手をケアする言葉「ちょっといいですか?」への対応です。
これには以下の3つの種類があります。

1.気になる「ちょっといいですか?」

頑張りすぎていてストレスが心配な部下に、
声をかけるときの最初の台詞です。

2.聞かれた「ちょっといいですか?」

モチベーションが下がっていると感じていた部下から
「ちょっといいですか?」と声をかけられるケース。
そういう時は焦らずに堂々と対応することが大切です。

3.期待したい「ちょっといいですか?」

上司が部下に声をかける時や、
なかなか聞く耳を持ってくれない上司に相談をするときなど、
相手に行動の変化を期待する時の言葉です。

いずれの「ちょっといいですか?」も、
コミュニケーションの中身よりも
コミュニケーションの後に残った感情が重要です。
「 話して良かった」「相談してよかった」
などと思えるかが重要になります。

3 し・か・り・ぐ・せ

「怒る」は相手がいなくてもできますが、
「叱る」は相手がいないとできません。
部下を叱る時に守ってほしいのが
「し・か・り・ぐ・せ」

し→ 身体的接触は絶対禁止
か→過去は責めずに、隔離し二人で
り→理論的に
ぐ→具体的に
せ→性格を責めない

「怒る」と「叱る」の違いを理解しつつ、
相手を承認する気持ちを忘れないことが大切です。
この本は「教科書」なので、
直ぐにでも実践できることが
たくさん書いてありますので、
どこからでも良いのではじめてみてください。

「口は1つだけど耳は2つ」。
話すことの2倍「聴く」ことが大切です。

明らかに無理をしている人
明らかに無理をさせている上司
部下との接し方がわからない上司
パワハラが怖くて強く指示ができず困っている上司
メンタルヘルス不調者を出してしまった上司

働く全ての人に読んでもらいたい本です。

ファシリテータープロフィール
山崎ジョー吉(ヤマサキジョーキチ)
金沢市、高岡市で定期的に
読書会を開催している
「ひらめき読書会」
働き方の未来研究所