『否定を肯定へと変換させる再解釈力』をふりかえってみよう

リードフォーアクション 木村祥子です。
2016年11月より
毎月月刊ブックカフェという
読書会を開催しているのですが、
実は、QK大学の公開授業なのです。
今、考えられている「仕事」が
AI やロボットによって代替され、
時代の変換点にきたときに、
私たち「人」が行うべきことは何なのだろう?
それは、創造することではないだろうか?
と問いをたて
人がこれからを生き抜くため
未来に必要な創造性の扉を開く
鍵を見つけ出していく
8つの秘密を設定して
1つずつ紐解いています。
現在、前半に行った
『質問力』『発見力』『再解釈力』
を学長と一緒にふりかえっています。
▶QK大学って何?という質問に学長が答えます!
『本質を浮かび上がらせるための発見力』をふりかえってみよう
に続き、1月号のテーマ
『否定を肯定へと変換させる再解釈力』
学長からのふりかえりメッセージです。

質問をし、
そこから新しい発見をし、
得た気づきや発見から
どんな再解釈をしましたか?
[s_ad]