ファシリテーターは根っからの応援者

リーディング・ファシリテーターの斎藤恭子です。

ふと、気がついたことがあります。
リーディング・ファシリテーターの特性です。

以前、こんな質問を受けたことがあります。
リーディング・ファシリテーターって、どんな人たちなの?

読書会を開催する人
異業種の人や本との交流で、自分の得意な分野を高めてる人
何より本を読むのが好きな人
場を作るのが上手い人

そんな説明をしたのですが、
これって、リーディング・ファシリテーターになってから高めていけるものばかり。
すごく技術的・・・。

ファシリテーターって
本当に魅力的な人ばかりなのに
みんなの人柄が伝わっていないっっ

もっと、スバリ!で
ファシリテーターの人の良さを
特性を伝えられたらよかったなぁと
反省しつつも、答えを見つけられずにいました。


でも、今になって気がついちゃいました。

リーディング・ファシリテーターの特性。
一言で表現すると
リーディグ・ファシリテーターは
根っからの応援者。
これではないでしょうか?

なぜ、こんなことを思ったかというと
リーディング・ファシリテーターオンライン養成講座です。

講座中の気づきや発見を投稿する場所や
Facebookコミュニティがあるのですが、
受講中の方の投稿に対しての
現役ファシリテーターが
返信、応援メッセージを多数投稿しているのです。

自分の発言に対して
フィードバックもらったり共感してもらえるのって、すごく嬉しい。
初めてトライすることだったら、なおさら。
こういう返信投稿って、
人を幸せにする、愛のある行動です。

人に寄り添い、伴走することができる人。
人柄が垣間見えます。

自然にこういうことができるファシリテーターとは
頑張っている人を応援せずにはいられない人なのでしょう。笑

投稿している現役ファシリテーターの皆さんが
どんな読書会を開催しているのか、
私は全員は知らないけども、きっと、
みんなに寄り添い、応援し、盛り上がる場を作っている
そんな読書会なのだろうなとも感じました。

やっている人にとっては
普段の何気ない行動なのかもしれませんが
その愛に気づいて、思わずニンマリ。
嬉しくなっちゃっちゃいました。

自分のために頑張れる人はもちろん、
頑張っている誰かを素直に応援できる人は
リーディングファシリテーターに向いているのかもしれませんね。